過去への贖罪と永遠の愛が新たな絆を紡ぎ出す

あらすじ

21世紀最後の年。桐生克彦は、自ら設計した「赫奕たる街」の片隅で、娘のサクラや孫娘らに囲まれて平穏な日々を送っていた。ある日、孫娘のカンが家の地下に閉ざされた部屋があることに気づいたことから、かつて克彦が封印した家族の秘密が明らかになっていく…。AI技術への関心が高まる今、「にんげんらしさとは何か?」を問うSF(すこしふしぎ/©藤子・F・不二雄)でちょっと切ない物語。

相関図