人類最期のひとりとなった男の葛藤の記録<Chronicle>

あらすじ

【episode5】「鎮魂」
21世紀最後の年。桐生克彦は、自ら設計した「赫奕たる街」の片隅で、娘のサクラや孫娘らに囲まれて平穏な日々を送っていた。ある日、孫娘のカンが家の地下に閉ざされた部屋があることに気づいたことから、かつて克彦が封印した家族の秘密が明らかになっていく…。AI技術への関心が高まる今、「にんげんらしさとは何か?」を問うSF(すこしふしぎ/©藤子・F・不二雄)でちょっと切ない物語。

【episode1】「赫奕」
青雲の志を抱いて人類の生活を豊かにするための研究に打ち込んでいた若者、桐生克彦は、「アンドロイドに心を持たせたい」と語る少女、雪村幸に出逢う。どんなに努力しても勝てない彼女に嫉妬するが、やがてそれは淡い恋心へと変わり…。

【episode2】「心月」
小田修一教授の研究に加わった克彦と幸は、日々、心を持つアンドロイドの開発に没頭していた。一方、病に蝕まれていく幸を心配した克彦は、遺伝子の書き換えという禁断の研究を進める土屋豪の誘惑に次第に飲まれていく。

【episode3】「煽惑」
心の支えを失った克彦は、なかなか立ち直れずにいた。そんな彼に土屋は「このまま遺伝子研究を進めることが彼女を救うことにつながる」と囁く。克彦自身もそれが前を向くことだと考えはじめたある日、幸が記録した撮影データをみつけ…。

【episode4】「彷徨」
人類は終焉のときを迎えつつあった。子孫を残せなくなった社会は荒廃し、また、色々な要因が重なって環境も汚染されていった。それでも「今、自分がやるべきこと」をやると誓い合った克彦と小田は、一方は人工授精を、一方は自らの命を顧みず共に設計した安全な街の建設を進めていく。

相関図